Drupal(ドルーパル)で作るSNSサイト Open Social

Open SocialはSNS(ソーシャルネットワークサービスや社内ポータルサイトでの利用を目的に制作されたDrupal(ドルーパル)8のDistribution(ディストリビューション)です。

Distribution(ディストリビューション)は、Drupal(ドルーパル)を構成するテーマ、モジュールを予め用途別に制作した業種・用途別のテンプレートの事です。

Drupal Meetup 羽田 #7のお知らせ

ジェネロが後援しているDrupal(ドルーパル)の勉強会Drupal Meetup羽田 #7が、3月9日(金)、19時から開催されます。場所は、京急蒲田駅近くの大田区産業プラザPiO 2Fビズビーチです。
Drupal(ドルーパル)はオープンソースCMS(コンテンツ管理システム)で、業種、規模を問わず様々なサイトに採用されています。
最近は、AI、IoTを活用し、デジタルサイネージ、スマホアプリのデジタル体験の基盤としての事例も出てきています。
Drupal Meetup 羽田は、第一線で活躍するDrupal(ドルーパル)の技術者の方々と直接、話ができる場所です。是非、ご参加ください!

今、何故、Drupal(ドルーパル)は『アジャイル』なのか

オープンソースのCMSであるDrupalでは、アジャイルという開発手法があります。ある程度の要件を決めたら、一定期間、スプリントサイクルというのを回して、開発していく手法です。
アジャイルという開発手法は、従来型のウォーターフォール型の開発手法と比較すると、2.5倍、生産効率が高く、2倍の速度で開発できるとの事です。

デジタル変革の為の組織 「DSU」(デジタルサービスユニット)

今週は、マーケティングテクノロジーフェアにて、NTTコミュニケーションズのブースで、オープンソースのCMS(コンテンツ管理システム)であるDrupal(ドルーパル)を使って事業を展開するAcquia(アクィア)の紹介をさせていただきました。ブースへ来訪の方々からの質問・コメントの中で、非常に気になるものがありました。

Drupal(ドルーパル)× Acquia(アクィア)セミナー報告

2月13日(火)、14日(水)マーケティング・テクノロジーフェア NTTコミュニケーションズのブースでの次世代CMS「Acquia」の展示が無事に終了いたしました。弊社代表の竹内も13日(火)、14日(水)と計6回登壇し、Acquia(アクィア)のソリューションについて、豊富なグローバル事例についてご紹介いたしました。

Acquia(アクィア、アクイア)社について

以前からご紹介しているDrupal(ドルーパル)の創始者であり、プロジェクトリードのDries Buytaert(ドリース バイタールト)氏。当時まだ学生(博士課程)だったドリース氏が仲間と2007年12月に一緒にDrupal(ドルーパル)のITサポートを目的に起業する。それがAcquia Inc.(アクィア、アクイア)社です。