Drupal Meetup 梅田 2018月7月31日の報告

オープンソースCMSであるDrupalイベント、 Drupal Meetup梅田が開催されました。
デジタル体験プラットフォームとしても注目されている今回のイベントは、業務設計の観点からのアプリケーションの事例、問い合わせフォームなので使われるWebform、ヘッドレスで利用されるReactの紹介など、盛りだくさんの内容でした。

近況:Drupal 各Meetupの報告(羽田、梅田、豊田)

Drupalのコミュニティ活動の報告になります。
昨年、大田区産業振興協会の支援を受けて、東京においては、Drupal Meetup羽田が開催、毎月開催ですでに11回を数えています。
12月には、関電システムソリューションズ社とアーツ社と一緒に、Drupal Meetup梅田を隔月で開催しました。
更に今年の5月には、豊田中央研究所のセミナー施設をお借りして、WAM社と一緒にDrupal Meetup豊田を開催しております。

DrupalCONの報告(1)ドリースノート

Drupal(ドルーパル)の世界会議、DrupalCONに参加をしてきました。4月9日から13日まで、米国ナッシュビルでの開催でした。最も大きな流れとしては、Drupalは、CMS(コンテンツ管理システム)を越えて、「DXP」(デジタル体験プラットフォーム)を目指していくといったメッセージでしょう。プロジェクトリードのDries(ドリース)からは、野心的なデジタル体験プラットフォームであると、昨年のDrupalCON NOLAから発表されています。今回のDrupalCONは、こうした声が、ドリースだけでなく、様々な人たちから聞く事ができました。

ITWEEK 春 出展しています

昨日、5月9日から11日までの3日間、東京ビッグサイトにて開催されている「第27回 Japan IT Week 春」に出展しています。Drupal(ドルーパル)のエンタープライズ向けソリューションであるAcquia(アクィア)社のプラットフォームを中心に、デジタル体験プラットフォームのご紹介をしています。

Drupal(ドルーパル)の魅力:複数サイトの展開手法 Distribution(ディストリビューション)

Drupal(ドルーパル)の事を知れば、知るほど、他のCMS(コンテンツ管理システム)にはない魅力に気づきます。その一つがDistribution(ディストリビューション)です。
Distribution(ディストリビューション)とは、日本語でいうと、配布物や流通物といった意味ですが、ソフトウェアの世界では、「予め必要なソフトウェアを取り繕ってまとめたもの」になります。
Drupal(ドルーパル)の歴史でいうと、Distribution(ディストリビューション)のルーツは、2004年に誕生しました。

野心的なDrupal(ドルーパル)ユーザーグループ

Drupal(ドルーパル)ユーザーグループを新たに設立しようと声があがっています。昨年、9月にDrupal Meetup羽田が立ち上がり、12月にはDrupal Meetup梅田が立ち上がり、は羽田は大田区産業振興協会の後援を受けて毎月開催、梅田は関電システムソリューションズ、アーツ等の後援を受けて、隔月開催されています。
また、名古屋でもウェブ制作会社、デザイン会社等からもDrupalのコミュニティをつくろうという声があがっています。