ジェネロテクノロジー株式会社(本社:東京都台東区)は、Drupal関連の情報サイト「ドルーパルマガジンSHIZUKU」のサイトをリリースしました。

 

WCMS(ウェブサイトコンテンツマネジメントシステム)であるDrupal(ドルーパル)は、630,000人以上の多数のユーザや開発者によって利用されているオープン・ソース・ソフトです。


300万以上のウェブサイト、登録ユーザー数100万以上、約20000の拡張モジュールがあり、100カ国以上の言語に対応しています。Drupal(ドルーパル)には、業種・業態向けの様々なモジュールが準備されており、自由度が高く、導入のしやすさ、他サービスとの連携がしやすいのが特徴です。米国ホワイトハウスやNASA、スタンフォード大学等の高度なセキュリティが要求される大規模サイトや多機能ウェブサイトなどに数多く採用されています。

 

現行版はDrupal7ですが、最新版のDrupal8は、モバイル対応、多言語対応の強化に加えて、Symfonyに対応する等、最新のアーキテクチャを搭載してきます。弊社では、①コーポレートブランドサイト、②EC(電子商取引)サイト、③SNS(社内・外ソーシャルサイト)を、Drupalを基盤にして構築する事により、企業や組織のオンラインマーケティングを支援しています。

 

【ドルーパルマガジンSHIZUKUについて】
ドルーパルマガジンSHIZUKU : http://shizuku.io/

Drupalのコミュニティ、お客様への情報提供を目的として、「「ドルーパルマガジン SHIZUKU」では、Drupalに関する様々な情報を紹介してまいります。

①Drupal関連の最新動向
②Drupalの紹介
③モジュールの紹介
④導入事例の紹介

 

ジェネロテクノロジーは、Drupalを利用したウェブサイト構築・等の各種サービスの提供を通して、お客様のオンラインマーケティング技術を活用した収益向上を支援させていただくと共に、Drupalの技術者の育成を行っていきます。またDrupalに関する情報提供等を通じて、グローバルに急速に拡がるDrupalコミュニティへ、貢献してまいります。

 

この発表のより詳細についてのご質問は、こちらへお願い致します。

 

お問合せはこちら

 

【ジェネロテクノロジー株式会社について】
ジェネロテクノロジーは、オープンソースのクラウド技術に特化したデジタルエージェンシーです。オープンソースCMSであるDrupal、CRMソフトウェアであるSugarCRM等の最先端のオープンソース技術を活用したソリューションを提供しています。オープンソースが持つグローバルのコミュニティの開発力を活用することで、お客様のオンラインマーケティングの戦略実行、業務プロセスの改善、収益の向上を支援致します。