ジェネロテクノロジー株式会社(本社:東京都台東区)は、ソネット株式会社(本社:東京都墨田区)と販売代理店契約を締結し、エリクソン社の無線LANシステム「Ericsson WiFi」シリーズの取扱を開始しました。携帯端末の急速な普及に伴い、ネットワーク上でやりとりされるデータ量が爆発的に増加している今、建物内や施設内、街全体におけるネットの「つながりにくさ」を効果的に改善する製品です。

 

通信世界大手のエリクソン社では、「2020年に500億の携帯端末がモバイルネットワークに接続される」と予測しています。また、一般の方が携帯端末でストリーミングビデオを見たり、写真をダウンロード/アップロードしたり、クラウドサービスを利用したりするなど、個人のネットワーク利用量も爆発的に増加しています。大量のデータ通信に耐えうるモバイルネットワークの実現は、社会全体の課題と言っても過言ではありません。

 

そこで、ジェネロテクノロジーでは、いつでもどこでも快適に利用できるモバイルネットワークの実現に貢献するため、エリクソン社の無線LANシステム「Ericsson WiFi」の取扱を開始しました。ネットワークトラフィックの爆発的な増大という問題を解決する上で、非常に効果的な通信技術である「ヘテロジニアスネットワーク(以下HetNet)」を採用した、通信業界で注目度の大変高い製品です。

 

このHetNetは、通信方式の違いに関係なく、あらゆる基地局や通信端末の同時利用を可能にし、ネットワーク容量を一気に増やすという次世代の革新技術です。当社が提供する「Ericsson WiFi」シリーズを、建物内や施設内、街全体などに設置していただくことにより、従来と比較して格段にネットへつながりやすい環境を実現できます。屋外に設置する場合でも、1台で広いエリアをカバーできるため、無線のアクセスポイントを効率よく設置する事が可能になります。

 

ソネット株式会社について:http://www.sonet.co.jp/

 

この発表のより詳細についてのご質問は、こちらへお願い致します。

 

お問合せはこちら