ジェネロテクノロジー株式会社(本社:東京都台東区)は、量産型マルチコプターの特約店契約を自律制御システム研究所(千葉市中央区)と締結致しました。

 

ジェネロテクノロジーは、千葉大学の野波教授が中心となって設立された産学連携事業体「ミニサーベイヤーコンソーシアム」の加盟企業です。自律制御システム研究所が開発・製造する量産型マルチコプターの特約店となる事で、ジェネロテクノロジーが持つ事業提携チャネルを活用して、日本国内に留まらず、海外のマルチコプターの市場へ参入を図ります。

 

自律制御システム研究所の量産型マルチコプターは、飛行精度や安定性など、自律制御に優れており、また「SLAM(Simultaneous Localization and Mapping)」技術を活用する事で、周辺環境の地図作成と自己位置推定を同時に行い、屋内でもGPSを利用しない飛行を実現しています。

 

電力事業者が保有する太陽光発電設備や送電鉄塔等の設備の保守点検業務や、ダム、道路、橋、トンネル等の社会インフラの保守点検業務の他、警備等の用途での事業性を検討し、今後は、販売パートナー企業と共同で、販路を開拓し、販売をしていく計画です。

 

株式会社 自律制御システム研究所について:http://acsl.co.jp/

 

この発表のより詳細についてのご質問は、こちらへお願い致します。

 

お問合せはこちら