ジェネロテクノロジー株式会社(本社:東京都台東区)は、米国SugarCRM社と、同社が開発するコマーシャルオープンソースの顧客管理ソフトウェア製品「Sugar」の販売代理店契約を締結致しました。


「Sugar」は120カ国で150万人以上に利用されていてる実績のあるソフトウェアで、ジェネロテクノロジーは、「Sugar」の日本を含む、アジア地域においての販売を開始致します。

 

SugarCRMは、全ての規模の企業の営業、マーケティング、サポート業務プロセスを一貫して管理する仕組みを提供することで、お客様の事業目標の達成へ向けた支援を致します。


SugarCRMの柔軟なプラットフォームは、お客様の要件に合わせて、簡単にカスタマイズ及び調整をする事が可能であり、これにより、お客様の営業、マーケティング、サポート業務の自動化、効率化を図ります。

 

ジェネロテクノロジーは、中小企業、大企業、官公庁、教育機関を対象として、SugarCRM社のソフトウェアの販売と共に、業務プロセスコンサルティング、カスタマイズ、移行、システム統合、トレーニング等のプロフェッショナルサービスを提供致します。

 

この発表のより詳細についてのご質問は、こちらへお願い致します。