Drupal(ドルーパル)の魅力:コミュニティの強さ(2)

DrupalCON(ドルーパルコン)は、Drupal Association(ドルーパル協会)が主催するオープンソースのCMSであるDrupal(ドルーパル)の世界会議です。
最も重要なのは、Drupal(ドルーパル)のプロジェクトリードであるDries Buytaert(ドリース バイタールト)による基調講演です。

Drupal(ドルーパル)の魅力:コミュニティの強さ (1)

オープンソースのCMS(コンテンツ管理システム)であるDrupal(ドルーパル)は、毎年、世界会議を開催します。それがDrupalCON(ドルーパルコン)です。毎回、2000人から3000人程度が、1週間にわたって一同に渡って集まる最大規模のオープンソースのイベントです。

コンテンツが人をみつける ーこれからのCMS

コンピュータは人の暮らしを豊かにする。
賛成意見も反対意見もあるでしょう。
豊かさの定義は難しいし、そもそも人の感性をデジタルで図ろうとする思考の試み自体こそ、無意味かもしれません。

それでも人の生活を縄文時代へ戻すのは、多くの人が嫌がるでしょうし、江戸時代ですら、そう考える人は多いのでないでしょうか。

今、ホームページが熱い!

Drupalを使ったマーケティング、ホームページの必要性。ERPとCMS連動させて、デジタルマーケティングを実現する。

オープンソースの魅力って何?

デジタルマーケティング等で使わるWordPress、Drupal等は、オープンソースです。何故、オープンソースに興味を持って取り組むのでしょうか。それはコミュニティの魅力です。様々な人たちが集まってつくる活動がイノベーションを起こすと信じているからです。

今、何故『デジタル』なのか?

最近、デジタル変革、デジタルトランスフォーメーションといった言葉を良く聞くようになってきました。何故、今、『デジタル』なのでしょうか。
そもそも、人工知能(AI)や機械学習といった学問分野は、古くからあったのも関わらず、ここ数年で百花繚乱の状態で、どこのIT企業も打ち出してきています。