DrupalConについて

2019.4.25
Posted by YuriAzuma
トップ
Drupal
Drupalコミュニティ
DrupalCon
Dries
本文

DrupalCon

 

<目次>

・DrupalConとは?
・DrupalConの参加の仕方
・Group Photoに写ろう
・Birds of a Featherの面白さ
・Dries Noteって?

 

 こんにちは、ジェネロ・マーケティング担当の東百合(あずまゆり)です。

2019年4月8日から12日までSEATTLE(シアトル)でDrupalCon(ドルーパルコン)が開催されました。
ジェネロでも毎年、メンバーがDrupalConに参加していますが、毎回、新しい情報を得て、刺激を受けて帰国しています。 この機会にDrupalConについて少しご説明したいと思います。

 

DrupalConとは?

 

DrupalConとはDrupalCommunity最大規模のイベントで、年に2-3回、春に米国、秋にヨーロッパ、その他アジアなどで開催されます。(今後、開催時期、場所の変更可能性有り)。

世界中のDrupalCommunityメンバーが集まり、数日に渡り、セッションやギャザリング、スプリントなどを行います。最先端のDrupalの技術や事例、マーケティングなどの情報を得るならば、DrupalConといったところでしょう。

 

今年は、2019年4月8日ー12日にアメリカのシアトルで開催されました。

DrupalConSeattleのサイトはこちら→https://events.drupal.org/seattle2019

 

また、2019年10月28日ー31日にオランダのAmsterdam(アムステルダム)で開催予定です。

DrupalCon Amsterdamのサイトはこちら→https://events.drupal.org/amsterdam2019


 

DrupalConの参加の仕方

 

(1)開催されるDrupalConサイトにいく 今回開催されたDrupalCon SEATTLEはこちら。

次回、2019年の秋に開催されるAmsterdamのサイトはこちらです。

 

(2)REGISTER NOWから登録と参加費の支払いをする  

Early Bird、Regular、Late、On-siteで参加費が異なり、Early Birdは割引率が一番良いので、予定を早く組むことができる場合はEarly Birdの期間に参加登録をすることをオススメします。

 

(3)VISAや宿、飛行機の取得を!  

日本人の場合、アメリカやヨーロッパなどVISA無しで行くことができる国は多いですが、日本人ではない場合、VISAが必要な場合があります。VISA取得のためにイベント開催者が提供する書類については、Drupalconサイトから依頼できるので、参加登録する前に確認した方が良いかと思います。  宿については、Drupalconサイトに提携ホテルなどの情報が掲載されていますが、Drupalcon参加者が多いため、利便性の高い宿から埋まってしまいます。早めに予約することをおすすめします。

 

(4)事前に開催プログラムをみておく。  期間中、開催されるプログラムはとても多いため、事前に、どのようなプログラムが開催される予定かみておくと見逃すことなくプログラムに参加することができます。

 

 Airport

 

 

Group Photoに写ろう

 

DrupalConでは参加者が集まってGroup Photoを撮影します。 すごい人数が一箇所に集まって一枚の写真を撮るわけなのですが、こんなにDrupalの仲間がいたのか!と実感すると 共に、現地で参加している感を味わえる瞬間です。

 

GroupPhoto

 

 

Birds of a Featherの面白さ

 

通常のセッションとは別にBirds of a Feather(BOFs/ボフ)という非公式なミーティングがあります。かっちりしたアジェンダはなく、テーマだけ決まっていて、少人数でざっくばらんに意見交換したり議論する場です。今、自分が直面している課題について話しができたり、同じような課題を持っている人たちと話しができ、また仲間も増える絶好の機会で、現地に行った人しか得られない面白さです。

 

BOF

 

 

Dries Noteって?

 

DrupalConの目玉の一つがDries Noteです。Dries Noteとは、Drupalの創始者であるDries Buytaertのプレゼンテーションであり、Drupalの思想、成長、今後の発展などを知り得る絶好の機会です。Driesのプレゼンテーションイベントに参加するのは、DrupalCon参加の目的の一つであるメンバーが多いです。プレゼンテーション自体はYouTubeでも公開されるので、DrupalConに参加しなかった人でも、観ることができます。

 

Dries

 

 

まとめ

・DrupalConは年に2-3回開催されるDrupalCommunityのイベントで、米国で開催されるDrupalConは最大規模である。
・DrupalConに参加をするならば早めに登録と宿泊・飛行機予約がおすすめ。
・GroupPhotoで仲間意識が芽生える。
・小規模のBOFsは現地に行った人だけが知りうる情報満載。
・Dries NoteはYouTubeでも観ることができるが、見逃せない最注目のイベント。
     ※情報は記事作成時の情報のため、最新情報はDrupal.orgなどでご確認ください。

 

 

 

デジタルマーケティングやDrupal構築についてのお問い合わせ、お見積のご依頼や詳しい内容のご相談、取材などに関することはお問い合わせをご利用ください。
 

お問い合わせ >