マーケットは世界中
国境を越えて販売を伸ばす越境EC

越境ECとは国境を越えて商品を販売すること、つまり海外販売のネットショップのことです。
日本の人口減少、国内消費の低下により、現在、越境ECが非常に注目されています。
また日本発信の商品やサービスが海外で注目されていることも越境ECを後押ししている要因です。
ジェネロコマースでは、海外販売をスムーズにスタートするための仕組みが準備されています。

従来型多言語サイト管理

それぞれのサイトの管理画面が言語ごとにバラバラでコンテンツ管理が大変。在庫管理を一括して行うことができない。決済機能も言語ごとにバラバラの管理のため、決済管理が煩雑になってしまう。管理画面側が多言語対応されておらず、海外現地の社員が在庫管理などできない。

ジェネロコマース 多言語サイト管理

1つの管理画面で多言語コマースサイトを一括管理できる。在庫管理も多言語サイト一括管理できる。決済機能も言語ごとに分かれることがなく、管理が楽。管理画面側も多言語にできるため、海外現地社員が在庫管理など行うことができる。

多言語対応
管理画面およびコマースサイト両方に多言語対応が可能です。サイト上で、プルダウンで言語を選択すると切り替えできる仕組みのため、ユーザーは言語選択を直感的に行うことができます。 
為替概算ツール
日本円(もしくは他の通貨)で表示されている商品について、海外からの購入者が自国通貨ではいくらになるのかを直感的に知ってもらうために
自動計算できる為替概算ツールを設置することができます。管理者側で商品登録する際に金額を入れると、各商品ページで自動で計算します。
翻訳サービス
多言語サイト構築に必要なのは、仕組みだけではなく、コンテンツ翻訳です。ジェネロコマースでは、ご依頼に応じて、コンテンツ翻訳からサイトへの情報設置まで、一貫して行うことができます。
PayPal決済対応
PayPal決済に対応しています。そのため、多様なクレジットカードおよび、様々な通貨での決済対応が可能です。決済画面についても、各言語に合わせて表示することができるため、購入者がスムーズに決済を完了させることができます。