日本語

カスタマイズはできます。但し、バージョンアップがあるので、なるべく既存のモジュールを使っての構築を提案しています。もしコミュニティでサポートしているモジュールがなければ、カスタムモジュールを開発するという手順になります。